『世界一キライなあなたに』(Me Before You) 2016年 エミリア・クラーク/サム・クラフリン



ゲーム・オブ・スローンズ観た後にこれ観ると、デナーリス役が彼女には適役でなかったのではないかと思ってしまいました。この役はぴったりはまってた。あそこまで顔に表情があると、デナーリスみたいな無表情は異様な難しさだったのかも。

尊厳死も大きなテーマの一つの映画でした。勿体なかったのは、体のernal-video-link" href="https://www.youtube.com/watch?v=wtI7arigW-M&external_video_config=width%3D320%26height%3D240">世界一キライなあなたに(吹替版)(プレビュー)

ゲーム・オブ・スローンズ観た後にこれ観ると、やっぱりデナーリス役は適役でなかったのではないかと思ってしまいました。この役はぴったりはまってた。あそこまで顔に表情があると、デナーリスみたいな無表情は異様な難しさだったのかも。

主人公のルイーザは話し相手、食事の介助で雇われてて、下の世話はしなくていい設定なんだけれど、下の世話をしてくれる介護士さんがまったく登場しないのが凄い不自然に感じた。

尊厳死を扱った映画なので、死に対しての考えは本当に皆色々なんだなと思うので、面白い題材の映画だったと思います。
posted by はこは at 14:47サ行

『ジェイソン・ボーン』(Jason Bourne) 2016年  マット・デイモン/トミー・リー・ジョーンズ/アリシア・ヴィキャンデル


wiki
このシリーズ、3話ぐらいまでが限界なのかも。だって逃げてるだけのお話なので、トレッドストーン計画のことでずっと追われてるだけ、1作目が大好きなだけに、あまりの小粒感に寂しい気持ちになる映画。もうそろそろギュッと漬け込んで完結させた方がいいと思う。
posted by はこは at 03:50サ行